月夜のオーロラ

welcome > フォトギャラリー

2016年9月19日~9月21日までイエローナイフにオーロラを見に行きました。

オーロラNo.01 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.02 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.03 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.04 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.05 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.06 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.07 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.08 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.09 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.10 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.11 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.12 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.13 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.14 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.15 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.16 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.17 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.18 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.19 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.20 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.21 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.22 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.23 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.24 イエローナイフ(2016年9月)
オーロラNo.25 イエローナイフ(2016年9月)

使用カメラ

Canon PowerShot S120(星空モード)

撮影場所

カナダ ノースウエスト準州イエローナイフ オールドタウン
・パイロットモニュメント
・Dancing Moose Cafeの庭先

旅メモ

オーロラのDVDを図書館で借りて見ていた時、「月夜の方がオーロラの色がきれい」というテロップがあったので、またオーロラを見に行きたいと思っていました。 航空券を調べてみると、もう一つの旅の候補地のロサンゼルス往復より イエローナイフとロサンゼルスのオープンジョーの方がお安かったので旅行を決断しました。

滞在中にベックスケンネルさんのボートツアーの催行日があったら参加したかったのですが残念ながら予定が合わず、 今回はツアーは使わずにオールドタウンのB&Bに泊まって、近くでオーロラ鑑賞する事にしました。

22時ごろイエローナイフの空港に到着後、タクシーで宿泊先の「Bayside North Bed and Breakfast」(B&Bの併設しているレストランがDancing Moose Cafe)に移動。この日は、空一面が厚い雲に覆われていて、なんとなくオーロラっぽい色は見えましたが、残念なよるとなってしまいました。 他の宿泊者の方のお話では、4日間滞在して未だ一度もオーロラがみれていないとのこと。
出発前に時々オーロラ写真を見ている「Nanook Aurora Tours」さんのブログには毎日オーロラ写真がupされていたので 「(>_<)ハンティングツアーを利用するべきだったかも」と少し落ち込みました が、仮眠後、夜明け前にパイロットモニュメントを目指して出かけてみると、綺麗なお月さまが出ていました。よかった!

2日目、3日目は一晩中晴天でパイロットモニュメントで360度のオーロラ鑑賞とB&Bの庭先でオーロラを見ました。希望通りの「月夜のオーロラ」です。
「( *´艸`)来てよかった」月明りに負けない明るいオーロラ出てくれてほんとによかった。

B&Bの近くでオーロラ鑑賞できるのはとても楽でした。お腹がすいたらお部屋にもどってお夜食を食べたり、カメラの予備バッテリーの充電をしておいて途中交換してとか、とても便利です。 冬のオーロラ鑑賞もこの方法だったら、頑張れるかもしれないと思いました。 犬ぞりに乗ってみたいので、一度は冬のオーロラを経験したいです。

「Bayside North Bed and Breakfast」の宿泊者の朝食は「Dancing Moose Cafe」のメニューの中から選んでいただきます。「北極イワナのエッグベネディクト」などイエローナイフらしいメニューもありました。 次回もまたここに泊まりたいです。