雲の中のマチュピチュ

welcome > フォトギャラリー

2014年12月25日 マチュピチュに行きました。

雲に隠されているマチュピチュ(ワイナピチュから)
雲がだんだん晴れて(ワイナピチュから)
マチュピチュが現れた!(ワイナピチュから)
絶景 マチュピチュ(ワイナピチュから)
ラピュタのようです。(ワイナピチュから)
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
雲の中のマチュピチュ遺跡
遺跡と虹
見下ろす虹が不思議
雲海が去って虹が出た
雲海が去って虹が出た
遺跡の窓から
マチュピチュ
3階建ての家。青空も素敵
インカ道
雲海と遺跡とリャマさん
2匹のリャマさん
リャマさんに出会った♪
リャマさんも雨宿り
アグアスカリエンテス アルマス広場 パチャクティ像
アグアスカリエンテス
アグアスカリエンテスの仲良し3匹
ペルーレイル
ペルーレイルの天窓からの景色

使用カメラ

PENTAX Q10
Canon IXY DIGITAL 220 IS

撮影場所

ペルー マチュピチュ

旅メモ

12/24の昼頃、クスコ(Calle Pavitos)発のオリャンタイタンボ行きコレクティーボ(乗り合いバス)に乗車しました。 アルマス広場からかコレクティーボ乗り場までは迷わず行けましたが、大きい施設ではないので見つけにくいと思います。地図で事前にホテルの人に場所を確認しておいた方がいいと思います。 噂通り満席にならないとバスは出発せずに乗って待つこと20分ほどでようやく出発しました。

道中は特に問題なくコレクティーボはオリャンタイタンボの広場に到着。ここから駅まで下り坂を歩いていきます。 夕方のペルーレイルに乗車しアグアスカリエンテスに到着。マチュピチュのために前泊します。 前日の間に、バスの乗車チケットとマチュピチュの入場券の準備をしておくといいです。

アグアスカリエンテスで、美味しいというフレンチレストラン「Indio Feliz」の情報があったのでお店に行ってみると クリスマス休暇でお安いでとても残念でした。ディナーはピザになりました。

宿は最悪でした。「Hostal Imperio De Los Inkas」は英語OKの表記をしているのにお留守番の子供しかおらず、スペイン語と英語をスマホで翻訳しながらなんとかチェックインしたら、今度はシャワーのお湯が出なくて、交換した部屋ではwi-fiが入らない。 翌日に備えて早く眠りたかったのに、言葉が全然通じないから、逐一翻訳しながらで時間ばかりかかり要領を得ない。 こんな宿は潰れてしまえばいいのに。(後日、予約時に利用したBooking.comからは削除されていました。当然です。ヒドスギル。)

早朝、バス乗り場に行くともう行列ができていました。係りの人がバスの乗車チケットとマチュピチュの入場券をチェックします。 私はその時初めて、チケットのつもりで印刷したものが予約確認書だったという事が判って「Ministerio de Cultura」に行くように言われました。文化庁が早朝から開いていて良かったです。事前にちゃんと読まなくてはダメですね(反省)

アグアスカリエンテスに到着してからは散々で、マチュピチュに到着すると、生憎の小雨が降っていました。凹みました。 ワイナピチュのチケットも購入していたのですが、直ぐに山登りをする気になれず少し遺跡を回っていると雨が止んだので登山道へ。 普段運動不足なので疲れました。登山中、持参したガーデン手袋が役に立ちました。 山頂に到着してからもなかなか雲が晴れず、周りを見るとほぼ日本人でした。30分ほどぼんやり待っているいると、マチュピチュが現れました。雲の効果もあってラピュタのような登場でした。山登ってよかった。満足して下山しました。

暫く遺跡とリャマを見て、売店のテントでランチのハンバーガーを食べていると大雨になりました。 小降りになるまで雨宿りしてから出かけると晴れて虹が出ました。この日は1日雨が降ったりやんだりが続いて1日で3回虹を見ました。 凄い発生率です。雨なのでインカ橋はちょっと怖そうなのでインカ道を歩いてみました。 遺跡の係りの方に「今からでは太陽の門までは時間が足りないから時間を考えて戻ってきてね」と言われました。 太陽の門までは行けなかったけれど綺麗な石畳の道を楽しみました。

バスでアグアスカリエンテスまで戻りマチュピチュ行のバス乗り場近くのカフェで早めの夕食を済ませてから列車に乗車しました。遅い時間なので車窓の風景は何もみえませんでした。オリャンタイタンボには夜到着しました。 駅前にはクスコ行のコレクティーボが止まっていました。宿泊先の移動までトゥクトゥクを使うか迷っているうちに、歩き始めてしまったので、徒歩で「La Casa del Abuelo Ollantaytambo」に到着。この宿はとても心地よかったです。朝のコーヒーもすごく美味しかった。
※オリャンタイタンボについてはまたいつかUPします。

実際に行ってみた感想ですが、

1.マチュピチュの滞在日数はどのぐらいとるべきか 天候と体力によるところが大きいと思います。晴天の日でしたら、ワイナピチュと太陽の門の両方を1日で見られたと思います。 ガイドツアーなどで拘束される時間帯が長い場合は、「ワイナピチュ」か「太陽の門」のどちらか1つになるかもしれません。

2.ワイナピチュ(またはマチュピチュ山)は登るべき? 体力的に難しい人は無理に登らなくても遺跡の中の「見張り小屋」付近まで行けば、定番のマチュピチュの写真と同じ景色が見れます。 「ワイナピチュ」より行けませんでしたが「太陽の門」の方が道が楽そうなのでこっちに行っても楽しいと思います。

また次に行く機会があったら、 オリャンタイタンボで前泊 > 朝一番の列車でオリャンタイタンボ>アグアスカリエンテス>マチュピチュ>太陽の門見学>遺跡見学>サンクチュアリロッジでランチ>遺跡見学(インカ橋)>バス>夕方の列車でオリャンタイタンボへ。素敵な宿も見つけたのでもう一泊。