絶景 ウユニ塩湖

welcome > フォトギャラリー

2014年12月30日~2015年1月1日 ウユニ塩湖に行きました。

鏡張り
鏡張り
鏡張り
鏡張り
鏡張りの夕日
鏡張りの夕日
鏡張りの夕焼け雲
鏡張りの夕焼け雲
鏡張りの朝日
鏡張りの朝焼け
鏡張りのウユニ塩湖
絶景 鏡張りのウユニ塩湖
鏡張りのウユニ塩湖
鏡張りのウユニ塩湖
鏡張りのウユニ塩湖
鏡張りのウユニ塩湖
鏡張りのウユニ塩湖
鏡張りのウユニ塩湖
ウユニの初日の出
ウユニの沈むお月さま
南半球の星空
真っ白なウユニ
真っ白なウユニ
真っ白なウユニ
真っ白なウユニ
魚の島(イスラ・デ・ペスカード)
塩湖の中の湧水
塩湖の中の湧水
列車の墓場
塩のホテル プラヤ ブランカ
塩のホテル プラヤ ブランカ
塩の博物館
ウユニの町

使用カメラ

PENTAX Q10
Canon IXY DIGITAL 220 IS

撮影場所

ボリビア ウユニ

旅メモ

早朝、ラパスからウユニに飛行機で到着しました。 空港のインフォメーションの方にウユニの市内に行く方法を尋ねるとタクシーを利用する方法になるとの事で、 施設を出てすぐに乗車してB&Bの「オスタル オロ ブランコ」に到着。 このB&Bを選択したのは、年末年始でチョイスがほとんど無い中、利用予定のツアー会社の 道向かいだったので夜のツアーを利用する時でも安心だったためです。 価格もお安かったですし、贅沢な環境では無かったですが、必要なものは揃っていましたし、 チェックアウト日は早朝出発だったのでタクシーの手配をお願いしておいたら、お弁当を用意してくださったりして親切な宿でした。 wi-fiは全然つながりませんでした。ですが他の所に泊まっている方もwi-fiがダメとの事で「ウユニ全体がwi-fiがダメ」というお話でした。

「塩のホテル」を利用したかったのですが結局予約が取れず、「プラヤ ブランカ」に泊まれないか日本にいる間に 「HODAKA」ツアーの人に問い合わせすると「お勧めできない」という回答だったりでので断念しました。 現地のツアーで「プラヤ ブランカ」にも訪れましたが、ホテルの周囲が鏡張りにはなっていなかったので ツアー利用が便利な町中の宿泊を選んで良かったと思いました。 「プラヤ ブランカ」はホテルと考えるとちょっと厳しい環境ですが、鏡張りの夜空鑑賞の休憩所と考えれば「あり」かもしれないです。

現地のツアーは「プリザ」と「HODAKA」を利用しました。どちらも現地についてから、店舗の前に貼ってある紙に名前を記入すればツアーに参加できます。お金はオープンしてからツアー会社の人に自分が記入したグループを伝えてお支払いになります。 個人的な感想では椅子とか準備してくださったし「プリザ」の方がよい印象です。

1.1日ツアー・サンセット含む(プリザ)
ウユニの見どころを一通り回るツアーで、「魚の島」のランチつきでした。 ツアー参加者にスペイン語ができる方がいて、ドライバーさんとコミュニケーションをとってくださったりで とても順調な観光ができました。夕方近くになって、この時に唯一鏡張りになっている場所に移動してウユニの夕日を見ました。 ドライバーさんはトリックアートなどの写真を撮り慣れていて凄く上手で、いろいろアドバイスをいただきました。

2.サンライズツアー(プリザ)
早朝、前日とほぼ同じメンバーで鏡張りの場所に移動して、星空と朝日を見ました。 お水が少ないせいか、残念ながら、星空の鏡張りは経験できませんでしたが、綺麗な朝日と ピンク色に染まる雲の鏡張りの中お散歩しました。まさに「天国」のイメージの世界です。 写真ではとてもとても伝わらない、そこにいた人だけが判る世界ですので「一生に一度は是非行って!」 ただ、想像以上の極寒でしたので、しっかり準備をしていってください。

3.年越しのチャーター組に便乗(プリザ)
カウントダウン少し前から朝まで車をチャーターしたグループに便乗させていただいてウユニ塩湖に行きました。 沈むお月さまを見た後、星空を期待しましたが、続々と集まってくる車のライトで星空は全然楽しめませんでした。 スケジュールを組む時のご参考にしていただきたいと思います。 長時間、塩湖にいたせいで、前日以上に凍えました。

4.サンセットツアー(HODAKA)
白いウユニ塩湖でトリックアートを撮影した後、鏡張りの場所に移動しました。 年末年始という事で大勢の日本人&韓国人が押し寄せていることもあり 初心者っぽいドライバーさんで道にかなり迷っていました。 前日よりも水嵩が増えていて綺麗な鏡張りの夕日がみれました。

ウユニ最終日ぐらいから、旅行運が尽きたようで 今回の旅に持参した「PENTAX Q10」はウユニ塩湖に水没させてしまい壊れました。 メモリーカードは何とか救出できたのが不幸中の幸いでした。 最終日のサンセットツアーの時以後の写真は「Canon IXY DIGITAL 220 IS」で撮影していましたが リマのタクシーの中でポケットから落としたのに気づかずに紛失してしまいました。
(/ω\)数々の旅を撮影してきたお気に入りのカメラだったのに。。。
(´Д⊂ヽアレキパのサンタカタリナ修道院の美しい写真もいっぱい撮ったのに。。。
もう一度、星空の鏡張りを求めてウユニに行こう。アレキパにも行こう。

高山病対策をしながら旅行する場合、ラパスやウユニに行く前に海抜2,000mのアレキパで少し過ごすのが良いそうです。 移動手段のおすすめは、リマ > (「クルス・デル・スール」のバス) > アレキパ > (「アマゾナス」の飛行機) > ラパス > (「アマゾナス」の飛行機) > ウユニ の順になります。リマ ― アレキパ間にはパジェスタ島、ワカチナ、ナスカがあるので長距離の途中を観光しながら移動するとよいと思います。

パジェスタ島、ワカチナ、ナスカの絶景写真のページはまたいつかUPします。